FC2ブログ

多芸は無芸

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

週末はまたプチ家出

長年連れ添っているマイラバーの家で過ごしました。
親友というより血のつながりに近いものを感じる彼女は頭がいいのに天然ボケで、いつまで一緒に居ても飽きません。むしろ妻です。
毎回そうなのですが、今回も彼女の冷蔵庫の中身を食い荒らして帰ってきました。
いつもごめんよ★(反省の色なし)
何故か彼女と一緒にいると素晴らしい睡眠が手に入るのです。
2泊のんびりして身体的にも精神的にも充電バッチリ潤って帰宅しましたとさ。
ありがとう、愛しい親友★

帰宅と同時に、妹を迎えに千歳まで走る。

空港の周りは洞爺湖サミットに向けて検問の嵐。疲れました。
妹が買ってきたモチフィールという不思議なお菓子を食べて眠りにつきました。
スポンサーサイト

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

苦手

母親が何かあるとすぐに「死」の話をする。

「私が死んだら・・・」

「私長生きできないかもしれない」

「~年後には私もう死んでるね」

「猫達ももうすぐ死んじゃうね」

「いつ死ぬかわからないよね」

「誰もがいつか死ぬんだから・・・」

「毎日誰か死んでいるんだよね」

昔から「死」の話について異常に敏感な私。
こういう話になると具合が悪くなってくる。不安定になる。眠れなくなる。

母親は間違ったことはいっていない。全て真実だ。
逆説的な意味で「今をより良く生きよう」と言っているのもわかる。

ただ無神経。

キツイ。
寝る前の数時間がキツカッタ。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

愛=信じること?

今日は眠剤がヤケに残り、朝からず~っとぼんやりしていました。
早く眠剤卒業したいなぁ。

週末来た友達が明かしたディープな打ち明け話のことをずっと考えていた。
起きてしまったことは仕方がないけど・・・

私には量りきれない愛情の形。
裏切られる前に裏切る。信じないことが愛情だ、との言葉。
誰もがそれぞれの愛の形を持っていて、何が間違っているとかそれは歪んでいる、とは到底言えない物だけれど、やっぱり愛とは信じることだと思うんだよなぁ。

疑わしいことがあっても何もかも知っていたとしても自分が傷ついても、それでも尚信じ続けるべきなんじゃないかと思う。

疑惑が生まれた時点でその愛は破滅に向かっているんだ。

奇麗事だと言われたけどさ・・・。


彼女との話は結局平行線で、どちらも理解しないまま、「いろんな考え方があるよね」って事でフェードアウトしていきました。

いろいろ思うところあって、まだ引きずり中。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

オシドリ二組

さっきの日記に描いていた友人に結局会いに行きました。

久しぶりに会った友人は相変わらずガーリーで、一緒に来ていたカメラマンの彼氏は優しそうで・・・
10歳差カップルは見ているだけで癒されるのでした。

途中、別の友人から連絡が入り、いきなり「これから泊まりにいってもいい?!」とのこと。
切羽詰ったような物言いだったのでおかしいと思っていたら、やはり夫婦ゲンカで家出してきたらしい(笑)
内容を聞くと、笑っちゃうような下らないきっかけ。
先ほど電話で仲直りしたようです。
人騒がせな夫婦。
でも、こんな事件も仲良し夫婦だから有り得るんだよなぁ、と思ったり。

今日は微笑ましいカップル二組と触れ合って、お腹いっぱいなのデシタ。

再来月のRSRに向けて友人とあれこれ話していたら、ダディが傍で話を聞いていて、なんとテントを買ってくれるそう!

お言葉に甘えて買ってもらうことにしました、ウッシッシw

たーのしーみだなぁww

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

過ぎ行く

bouzu.jpg

寝坊しました。

今朝の夢。目覚めてがっかりしたのは久しぶりです。

慌てて出勤してデスクでぼーー。
高校時代の友人から久々にメールが入り、雑誌の取材で近くに来てるとの事。
会いたいけれど寝巻き同様のひどい格好をしているので断念。

お昼で仕事が終わるので何をしようか何処に出かけようか考案中。。。

「昔はもっと季節の過ぎ行く速度が遅く感じていたのに。」

「近頃なんだか早くなるみたい、為すべき事が山積みになる・・・」

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

人生はこんなに愛おしい。

夕方から降り出した大粒の雨に潔さを感じながら帰宅。
夕飯にゴーヤチャンプルを作った後、久しぶりにTSUTAYAへ。
お目当てのCDを持ってすぐにレジへ向かう。
目の端に入るのはDVDコーナー。ここはさながらラビリンス。なかなか抜け出せなくなってしまうので、今夜は避けてみた。

最近仲良くなった友達とメールのやり取りをしながらしばし音楽に揺られる。

ここ最近は、ひどく刹那的に生きている気がする。

とはいえ、日常生活の中で折り重なる人間模様と、様々受ける影響は揺らし揺らされ、複雑に絡み合って消化されながら、いつしか少しずつ本体の肉や血になっていくはずだ。

肝心の本体の…心と身体の関係は沈むほど重かったりフワフワ浮き上がるほど軽かったりチグハグになってしまったりもする。
地に足のつかない私は地面がどこだったかスッカリ忘れてしまったようで、必死に思い出している最中です。

早くバランスよく降り立ち、ちゃんと歩きたいな。

眠くて文章が変…

Category: 写真

Comment (0)  Trackback (0)

風邪≧恋?

昨日描いた絵はあまりに酷かったので自粛します。
かわりにMy roomの様子を・・・もらい物ばかり集めた棚です。
あまりにピンクです。

myroom1.jpg


なんだか無気力です。
創作にも集中できないし、食事も喉を通りません。
頭がぼうっとして耳の奥が熱くチリチリしています。
下っ腹のあたりにじんわりヴェールがかかっているような気がします。
地に足が着かない感じで胸がドキドキしています。




これは恋煩いに違いありません。




・・・と思ったら、どうやら風邪ひき。熱があるようです。

ひき始めに効くらしい「ル○」を飲んで早めにベッドに入ります。

おやすみなさい。

ブログパーツいくつか貼り付けてみました。
暇な方、どうぞ。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

ん?なんかワクワク

RSRの出演アーティスト最終発表がありましたが…う~ん、なんだかなあ、微妙な感じ。
来ると思っていたアーティストの名前がなかったデス。仕方あるまい。
どうせ行くなら死ぬ気で楽しんできやす。体力温存しておかないと!

さて、今日はキムチ冷やし中華です。
iPodで音楽を垂れ流しながらの薄焼き卵は今までにないくらい上出来♪
キュウリ刻んでハム刻んでリズムに乗ってトントン調子よくやっていたら爪の先が切れてしまいましたが、御愛嬌って事で。

料理ってのは最高の娯楽だね。

い~~日暮れ時。遭魔が時だとかもいいますが、今日は魔物もニッコリしているはず。


Category: 写真

Comment (0)  Trackback (0)

ヒゲと山と寒空と

16336598_3881658739.jpg

●高所恐怖症のあの人といったいつかの寒空。
思い出すのは薄い空に溶け込むくらい青く冷えてた可愛いヒゲの横顔。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

ラブスパイス

今日はカレーが食べたい。
食べたい食べたい食べたい・・・・とスープカレー屋サンを横目で追いながら帰宅するとカレーが出来上がっていました。
念が通じたに違いありません。

お腹すいたー

朝から自己嫌悪地獄に陥っていたのですが、友人から「鼻毛がいっぱい抜けた。」というメールが届きイッキに元気になりました。
鼻毛、偉大ナリ。

妹が恋人の事でドツボにはまっています。
もう終わりは近いのかもしれません。
なかなかうまく行かないね。
自分のことじゃないのに私までしんみりしてしまいます。
恋愛ってムズカシイ。
良い助言をしてあげられず、御免。妹よ。

カレー食べて元気になろう。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

存在の耐えられない軽さ




何かと白黒つけられないズルさ。
でもそんな風に何かと何かの「間」に位置する自分も嫌いじゃない。とかとか。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

海いきたい

red.jpg


憂鬱な朝です。
アイスコーヒーも美味しくありません。
天気の所為でしょうか。

こんな日は海に行きたくなります。

何故この町には海がないのだ。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

ふぁざーずでい

さて今日は父の日です。
プレゼントはもう渡したのですが、この週末は家族サービスに徹する予定でした。
しかしやってしまいました。昨日一日爆睡地獄。
・・・猛省中です。
今日は3時から入っている予定以外の時間は家族に捧げようと決意。
私みたいに内弁慶の娘にとって、こういった家族の記念日は、普段の感謝の思いを表明できるチャンスです。

can.jpg

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

しつこく再挑戦

今日は仕事が暇なので、一度架空人物を描いてみようと思いました。
顔が妙に優しいよ、日本人チックだよ、また駄作。ダメダー

しかし未開拓地に足を踏み入れるというのは、なかなかやりがいがあるなぁ。

と、いいつつ、去年から友達に頼まれているカレンダーがまだ出来ていないという腐れよう。

「プラスチックな感じで細かい者達が微妙に組み合わさって大きなかたまりになってる感じ。かつ季節感をだして。あんたらしさが消えないようにお願い。」

との依頼内容。2月ずつのカレンダーなので・・・つまり計6枚描かなきゃいけないのです。

ずっと悩んでラフ描いたりしているのですが、なかなか構想が固まらず半年経過しました。

誰か知恵をお貸し下さい・・・


blackup.jpg

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

寄生虫の戯言




早く実家をでなくちゃな、なんて思いつつダラダラと数年たちます。

「寄生虫って一番優しい生き物なんだよ。共存って事。」

すねかじりのいい訳。

先週、遊びすぎたせいか、お財布と体中の筋肉とが痛い。
ついでに反動の欝でお心のほうも少々。
無くした記憶の跡も鈍痛としてしっかり存在してます。

無駄な毎日を過ごしている。
しかし行動するには多少の蔵の財も必要です。
我慢と衝動。
「欲」のコントロールって難しいな。

ウツウツした気分で目覚めると、これまたタイミング良く雨が降ってたんだな。
寝坊したための洗いざらしの髪からシャンプーの匂いが。それは雨と混ざって、雲のほうへ消えていきました。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

進歩ナシ

black2_convert_20080612221833.jpg


黒人さんの絵に再度挑戦。
するも・・・

ダメダ、うまくいかない。。。
ニセくさいなぁ。へこむ。

アナログで描いた方がいいのかな。

修行しよう。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

睡魔に見放された明くる午前。

また不眠が再発してる・・・
外に向かうエネルギーと内面に宿るマグマみたいな塊のバランスが取れなくなるといつもこうだ。
頭が痛い。
まだ二日目。
どうか一過性のものでありますように。

今日から一日一枚描く様に努力しよう。




Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

味の無い静寂な雨が気持ちいい夜です。

画学生時代に作った銅版画を引っ張り出してきてPCで色付け。
しかしよくこんな画で作品提出したなぁ。
授業はほとんど代返で済ませていたので、この授業も最後の何時間かで焦って急激に仕上げたはず。
若いって恐ろしい★
同時に懐かしくうらやましい。。。

最近夜な夜なmellow yellowと倉橋ヨエコと中国のフリージャズのCDを交互に繰り返し聴いています。
全く別の世界が行ったり来たり。
若干脳を混乱させながらユラユラし、それらはいつしか収束して点になり夢に落ちるのです。





Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

焦り。

定期的にやってくる何かの衝動。
いてもたってもいられない。
何かしなくちゃ。創らなきゃ。

小腸の真ん中辺りで熱く渦巻いてるかたまりが。(うん○じゃないよ。)
ただ事じゃないエネルギーがジワジワと脳に侵食してくる。
何かしなくちゃ。創らなきゃ。

けど手足がついてこない。いつまでたっても反抗期から抜け出せないの、この身体。
お願い、言うこと聞いて。

・・・てか、飲んだくれてる場合じゃないぞ、自分!




Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

不思議な縁

昨夜、久しぶりに不眠の症状が出てきたので、眠剤よりもよく効く遠方の友達の声を聞くためにプッシュ。
落ち気味だった気持ちは途端に上昇。
笑い転げどちらかが眠るまで決して切れない通話時間。
歯磨きの間も電話はつなげっぱなし。
バカな二人です。

モーニングコール。グンナイコール。電話de飲み会。面白いテレビやってるよ。眠れない。このテンションどうにかして。今休憩時間なんだけどさ・・
お互い、何かあれば電話メール、気がつけば2~3時間はザラ。

この頻度。あえて使わせてもらうと

「どんだけ!」

よく聞かれますが、これは恋か?と聞かれたならば、二人で声を合わせて言うでしょう。

答えは断然「否」!

親友?兄弟?しいて言うならば「同朋」でしょうか。

何もかもがそっくりな私達。じいさんばあさんになるまで仲良しで居られそう。不思議な縁です。

彼とは脳のつくりが一緒なのでしょう。

恋愛関係じゃなくて良かった。

恋はいつだって終止符にしか向かわないからね。

Category: 写真

Comment (0)  Trackback (0)

恋がしたいです

ここのところカメラばかりいじっています。
カメラを持って歩きファインダーから覗くと森羅万象を愛しているという事実に気付きます。

16336598_2250229923.jpg

庭の花から、家族、友達、空、海。自分もね。

16336598_299653414.jpg

夜も愛しい。

16336598_402548252.jpg

↑ク、クマが・・・

しかしそろそろオンリーワンな人を見つけたいこのごろ。

最後の恋を終えてから、しばらくコイビトなんて要らない、と言い張っていた私ですが根が恋愛体質らしく・・・。

ん?焦りじゃないんだ!

・・・が、ただあの足が地に着かない感じのトキメキがほしい。。。

Category: 写真

Comment (0)  Trackback (0)

某公園にて

IMGP0785.jpg

IMGP0806.jpg

IMGP0813.jpg

露に濡れてたおやかにしている花たちが好きです。
晴れでも雨でもない空の妙な光の差し方。
具象としての世界はいつだって美しい。


Category: 写真

Comment (0)  Trackback (0)

工場が好き



工場が好きです。

18.jpg

ただ黙々と稼動する、古ぼけた工場が好きです。

19.jpg

狂ったように吐き出される煙。

16.jpg

がたいがでかくてはかなくてせいじつです。


Category: 写真

Comment (0)  Trackback (0)

季節はずれ



季節外れのマトリョーシカ

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

愛しの

妹。

kanna


妹の事をつらつら書く。

私には3歳下の妹がいる。

幼い頃は、人前で自己紹介も出来ずに黙ったままポロポロと涙をこぼす、引っ込み思案な子だった。
ひたすら自由帳に絵を書き、昆虫や爬虫類を捕まえてきてはカゴにいれ、一日中観察していた。家でもやはり無表情でほとんどしゃべらなかったために両親は自閉症ではないかと心配していたそうだ。

そんな彼女は相変わらず寡黙であったが、頭脳は明晰で小学校にあがり中学校までは学年でもトップの座をとり続けた。美術や音楽等、芸術面でも優秀だった。鉛筆を持たせれば大好きな昆虫やカエルやザリガニの絵をそれはもう忠実に描いたし、音楽を聞かせれば、正確に音を拾って鍵盤で再現できる。そのため親戚の間でも天才肌と持て囃されていた。

ところが高校に入り、2年目を迎えた頃、学校の成績の面で突然のドロップアウトを果たした。学業がバカらしくなったのか何が原因かはわからないが、成績は下から数える方が早くなってしまったのだ。

それと同時に絵を描く能力が目を見張る早さで伸びていった。
例えテスト前であっても毎日寝る間も惜しんで描き続けていた。

それからデザインの専門学校に入学し専門知識を学ぶうちに、どんどん妹は私の手の届かない高みに上がっていってしまった。
寡黙だった少女は消え(決してたくさんしゃべる訳ではないけれど)発する言葉や行動はどれも洗練された独特のユーモアに溢れていて、周囲の人々を惹きつけてやまない。
私を笑い死にさせるのも彼女しかいない。

それに驚くべき事に彼女は「闇」と「光」を同時に持つことができるようだ。


現在も多忙な仕事を抱えながら、残業後、朝方まで創作活動を欠かさず続けている。そんな彼女が、今また一つ飛躍しようとしている。

まだ若い。可能性に満ち溢れている。それに野心や情熱、営業力や行動力も合わせ持っている。

どうか大物になって活躍してくれることを願ってやまないダメ長女であった。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

優しい正しい

今朝は早起きしました。
カーテンのわずかな隙間から差し込んでくる光の粒子が、いつもより細かく、また正当に感じられました。

某俳優


●その間わずか15分

スニーカーの薄いゴム底越しに足の裏に伝わるアスファルトの熱。
一回り離れた従姉妹と味わう麦酒と煙草の匂い。
うっすら砂埃がかかった白く安っぽいプラスチックのテーブルで似顔絵を描く。
薄い色の桜が舞っている。
テーブルの上にも落ちる。
雑音混ざりのやけっぱちな香りも舞っている。


山手線。新宿。の次。の次。学生街。焼き魚の匂い。入り組んだ緑の多い道。古びたアパートには玄関の扉がない。稲妻みたいなヒビが入った白い壁。ゆがんだ急な階段。共同トイレ。がたつく窓から落ちかけた陽が廊下に落ちている。右から二番目。鍵のないドアー。ゆるんだドアノブ。現れた四畳半。
暗い部屋。古い書物みたいな匂いがする。足の踏み場もない中眠る男。つけっぱなしのパソコン。壁に貼られた数式。小さな窓。だらしなく干された洗濯物。
投げ付けたルノワールのポストカードの角が男の額に当たる。小さく声をあげ、こちらを見たのはまんまるい目。ゴム人形みたいに跳び起きる。まんまるい目。慌ててかける眼鏡。
突然つけられた蛍光灯がまぶしい。煙草で焦げた掛け布団。私が貸した本。あなたにもらった香水。
ぎこちなくぶつかり合う視線。
ふたりは同じ表情。
無表情とはにかみ笑いの中間くらいの目元。

沈黙。

抱擁。
沈黙。

いつかの10代の東京の思い出。

Category: イラスト

Comment (0)  Trackback (0)

落下

rakka

気をつけろ!少女が降ってくるぞ!!

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

廃墟と化した・・・

「部屋にバーを作ろう!」そう突然思い立ち、スピリッツやらリキュールやらを買いあさったのは約半年前。
シェーカーやらステアするボッコなんかも買い揃え、ホクホクしてカクテルを作りまくった3日間。

・・・・今ではカビとホコリの住処です。

bar

プロフィール

アネオErica

Author:アネオErica
行き先が決まらぬ船でたゆたう。
たまに文章を書きます。
たまに絵を描きます。
たまに写真を撮ります。

読書暦↓
http://book.akahoshitakuya.com/u/2009
本棚↓
http://booklog.jp/users/erica1980

FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。