FC2ブログ

多芸は無芸

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

愛する人は、今、一番遠くにいます。

ダリンとまともな話が全く出来なくなってしまいました。
昔よりずっと難しい。辛いです。

楽しい時は狂ったように笑い続け、つまらないときは一点を見つめて固まっています。
甘えたいときは無言でのしかかってきます。
気分のいいときは動物の鳴き声で愛の言葉を囁きます。
私のことを「好き」だとか、「一緒に居たい」だとか仕方なく人間の言葉で伝えようとする時はいつも泣いています。ワンワンと本当にワンワンと泣きます。
うまく伝えられなくなるとあきらめて寝てしまいます。
そんな時は彼の腕がしっかりと首に巻きついています。
苦しくて逃れると寂しそうな顔をして「ぷきー」といいます。

うその自分を語るときや、哲学や社会学の話になると驚くぐらい饒舌になります。
急発進についていけなくなりうわの空で聞いていると「俺さみしい、寝る」と寝てしまいます。

最近は「俺、遊ぶ子供の聖なる肯定の段階にきた」が口癖です。

狂気と正気の区別がつかなくなってきています。どうしよう。


手紙の束の中から見つけた高校卒業直後に貰った印象的な手紙を読み返して。
少し泣きました。

99/6/7
愛情のこもった手紙いつもありがとう。
そしていつも返事が遅れてごめんなさい。
すると”ごめなりがとう”なのである。

昨日は池袋に行って散策してきました。
池袋駅の東口を出てパルコの前を通り三越の側に出てグリーン大通りを通ってサンシャインへ。中央公園の浮浪者を眺めつつ東急ハンズに寄って60階通り(サンシャイン通り)を通って戻ってヘトヘトになりつつメトロポリタンのHMVに寄って何も買いませんでした。これでとりあえず池袋(東・南)は征服である。今のルートをダ・ヴィンチの9月号で確かめてみてください。

最後の日の空港ではスーツでOL風でしたね。全然わからなかったよ、キレイだったよ。
エリカは体調が顔に出やすいですからね。身体だけは気をつけてね。
そして泣きたくなったら泣くのだ。言葉に詰まったら大いに吃るのだ。
吃りは後戻りではない。前進である。
何故か。吃りや泣くといった現象は絶えず全身によってなされるからだ。
意味をもった言葉、意味のある音、これらは頭の中で考え出された観念を表すにすぎない。
だが泣くことによって発する鳴咽や音のない音である吃りは人間の行為であり行動であるのだ。だから吃ったり泣いたりし続けるのは全身的に生きていることの証拠なんだと思う。
それはこの上なく素晴らしいことだと思う。
少なくともボクはそう思っているけど…エリカはどう思う?

アーもっと街に出てみるよ。
エリカがこっちに来る前に色々な面白いスポットを探しておくからね。
東京は人が多くてやんなっちゃう、道も狭いし、札幌みたいに碁盤の目になってないし。
でもなんとなくこっちのが好きなんだよな。東京とか大阪に住むと他の街は全部模造品に見えてくるって誰かが言っていたような気がする。

そろそろおひらきである。
私はおねむの時間ですから。
暇ついでに描いた絵を同封します。
吉行淳之介「蠅」のコピーも・・・

ではよーそろさよーならー

決して愛の言葉を囁かない恋人

追伸
アムロナミエの新曲はいい曲ですよ。R&Bみたい。120%宇多田ヒカルを意識した変な息継ぎの仕方はまさに大笑い(ケケケ・・・)
カハラトモミは「夜もヒッパレ」に出ていたけど、なんか治りかけの躁病患者みたいでした。
世の中って、ひどいものです。

=裏面=

ベートーヴェンの第5が感動的なのは、運命をたたくあの主題が素晴らしく吃っているからなのだ。
もう一度ベートーヴェンを。
ダ・ダ・ダ・ダーン!

「吃音宣言」武満徹(新潮社)
スポンサーサイト

Comments






プロフィール

アネオErica

Author:アネオErica
行き先が決まらぬ船でたゆたう。
たまに文章を書きます。
たまに絵を描きます。
たまに写真を撮ります。

読書暦↓
http://book.akahoshitakuya.com/u/2009
本棚↓
http://booklog.jp/users/erica1980

FC2カウンター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。