FC2ブログ

多芸は無芸

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

汗ばむ本棚

不規則に私の顔を刺激する髭の顎と冷えた鼻先。
コツ、と歯があたり私は視界を取り戻す。
広い頬を両手で包み込み引き剥がすと、逆さまつげを瞬かせながら熱っぽい瞳を冷まそうとするあんた。
追いかけてくる指先を無視してベッドの脇に置いてある本にたどり着く私の身体。
うつ伏せになった私のデカ尻に腹ばいに被さってくるのは、重量オーバーの熱い毛布。
長く伸びた珈琲くさい鼻息が耳のすぐ後ろを吹き抜けていく。
伸びかけたあんたの髭がTシャツの肩口で擦れて、じじ、と鳴る。
背面の湿った体温が、着実に私を伝って地面に逃げていく。

手元の文字列を目で追いながら、終わりまであと何ページ、とぼんやり思った。
スポンサーサイト

Comments






プロフィール

アネオErica

Author:アネオErica
行き先が決まらぬ船でたゆたう。
たまに文章を書きます。
たまに絵を描きます。
たまに写真を撮ります。

読書暦↓
http://book.akahoshitakuya.com/u/2009
本棚↓
http://booklog.jp/users/erica1980

FC2カウンター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。